NHK木曜時代劇「ちかえもん」に出演していた優香ちゃんと青木崇高さんが結婚【追記あり】

今日は個人的にちょっとびっくりするニュースがありました!

優香ちゃんと青木崇高さんが「ちかえもん婚」!

今朝、ネットでニュースをチェックしているとこのような記事が。

普段芸能ニュースにはあまり興味のないわたくしですが、この話題は少し気になりました。

というのも優香ちゃんは、今年の始めにすごくはまっていたNHK木曜時代劇「ちかえもん」というドラマの出演者のひとりだったのです。

そのドラマの中で、優香ちゃんの役どころは年増の遊女という設定で、確かに昔のグラビアアイドル時代とはちょっと違うイメージでした。

「さすがに優香ちゃんも年を取るんだなあ」などと失礼なことを思いつつ、常連客のおっさん(近松門左衛門)を毒づきながらも支える女性、という魅力的な女性を演じているのを見ながら、「そろそろいいお年頃だと思うけど結婚とかしないのかなあ、これからどうするんかなあ」といらぬ心配をしていたのです。

そんなこんなで「相手のイケメン俳優さんってどんな人なのかな、顔だけでだまされたらあかんよ」とかまたどうでもいいことを思いながら梅雨の休日を過ごしていると夕方になって続報が…

マジか!

優香ちゃんの相手は「ちかえもん」本体ではなく年相応のお相手でした

お相手の青木崇高さんは、これまた「ちかえもん」の出演者の一人で、演じていた万吉はそれはそれは重要な登場人物でした。

ドラマを最後まで見ていない方にはネタバレになりますので詳しくは書きませんが、万吉はスランプに陥っていた中年シナリオライターである近松門左衛門に「曽根崎心中」という大ヒット作を執筆させるキッカケをつくる人物で、最終回では視聴者へとんでもないカタルシスを提供することになります。

う、思い出しただけで泣けてくる。


松尾スズキさんが演じる近松門左衛門と優香ちゃん演じる年増の遊女とともに、青木崇高さん演じる万吉の3人はドラマの中では夫婦とその子供、という雰囲気もありましたが、実際に優香ちゃんが結婚相手に選んだのは松尾スズキさんでなく青木崇高さんのほうでした。よかったよかった。

「ちかえもん」は平成時代劇の名作だと思います(断言)

しょっちゅう放送したばかりのドラマを再放送するNHKですが、この「ちかえもん」は今のところ再放送されたことがありません。なんでかな?

もっといろんな人の目に触れてもいいと思うんだけどなあ。

あらすじとしては「かつてはヒット作も生み出していた中年人形浄瑠璃作家・近松門左衛門が、身近な市井の人々の喜怒哀楽に触れることによりスランプを乗り越え、あの名作・曽根崎心中を執筆するまで」ということになるのですが、それだけではいい尽くせない人情劇です。(ただし基本的に喜劇です。)

おそらく人生の中でずっと心に残ることになるだろうなあ、と思うドラマです。

追記:祝・挙式!(2016年7月27日)

なにげなくニュースをチェックしていたらおめでたい話題が…。

結婚の発表から約一か月半、青木崇高さんと優香さん、明治神宮で式を挙げられたようです。

おめでとうございます、末永くお幸せに!

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!