クラッシュオレンジフラペチーノ:スタバの2016年夏メニューはフレッシュでジューシーでした!

みなさん、スタバへ行ったときって何を頼みますか?

お店に行き慣れているかたはラテとか、しぶいところでエスプレッソなんかを頼むことになるとは思うのですが、元々たまにしかスタバへ行かないわたしはついついうれしがって、いつも期間限定メニューを頼んでしまいます。

レジに置いてあるメニューの一番上に書いてあるので頼みやすいということもあるのですが。

今回はそんなこんなでとても頼みやすかった2016年の夏の限定メニュー「クラッシュオレンジフラペチーノ」のご紹介です。

クラッシュオレンジフラペチーノとは?

なんなんでしょう、このほとばしるジューシー感。

「クラッシュオレンジフラペチーノ」は2016年7月15日新発売のスターバックスの新メニューです。

オレンジの果実をほぐしてぎゅっと詰め込んだような、ジュースブレンドのフラペチーノ®です。オレンジの甘さと爽やかさとともに、粗めにほぐされた果肉の食感をお楽しみください。

スターバックスコーヒージャパンの説明より

読んでるだけで口の中にじゅわっとオレンジの果汁が広がるような感覚。さすがプロの広告屋さんは違いますね。

ただ残念ながら、わたしが今回このメニューを頼んだのはこれらの商品説明のせいではなく、先にも申し上げましたがメニューの一番上におっきく書いてあったからなのです。すみません。

ですので、いざお支払いの段になって「え、658円(税込み)もするの⁈」と驚くことになるのでした。わたしの普段のお昼ごはん代(サンドイッチ+コーヒー)と変わらんではないですか…。

いやいや、ここはスターバックスだぞ、それに喫茶店でパフェとかそういうのを頼んだらもっとするし、いやはやそれにしても「喫茶店でパフェ」という表現は古すぎやしませんか? とかブツブツ考えながら品物を待つわたしでした。

クラッシュオレンジフラペチーノを受け取るときのドキドキ

さて、スタバで飲み物を頼んだあとはカウンターで商品が出てくるのを待つわけですが、ときにはバリスタさんが飲み物を準備するのを目の前で見ることができます。

「トールサイズ・クラッシュオレンジフラペチーノでお待ちのお客さま~」と声がするのでふと見てみると、ちょうどバリスタさんがむにゅ~~~~~っと生クリームを絞り出していました。

「うわあ、なんかフワフワ…!」と心躍らせた次の瞬間です。

「お待たせしました~」と言いながらバリスタさんがカップのカバーをその上にガシッとはめ込んだのです。

せっかくの生クリームがつぶれちゃう…!

ですが、受け取ったカップにはこんなかわいいオレンジが描かれていたのでなんとか気を持ち直すことができました。

orange01

オレンジさん・・・だよね?

こういうのってバリスタさんたちは夜な夜な練習されるんですかね?

クラッシュオレンジフラペチーノを飲む前のワクワク

すこし傷心気味で席について、あらためてクラッシュオレンジフラペチーノを眺めてみます。

生クリームは意外とイメージほど丸く膨らんでいない形状

生クリームは意外とイメージほど丸く膨らんでいない形状

ふんわり盛られた生クリームのイメージは、カバーのドーム型のような丸い形だと思っていましたが、意外と成層火山的な形。そして、さすがのバリスタのお姉さんのテクニックでしょうか、ちょうどカップの邪魔をしない高さに抑えられています。

てっぺんがちょっと潰れてた

てっぺんがちょっと潰れてた

カバーを外してみても先端が少し潰れているだけで生クリームの山はほとんど無傷です。バリスタのお姉さん、変ないちゃもんつけてごめんなさい。

それにしても、勢いで頼んだこのクラッシュオレンジフラペチーノ、かなりの量のクリームが盛られています。なんでこんなカロリーの高そうなものを頼んでしまったんだろうか、と思っても、もう後の祭りです。

クラッシュオレンジフラペチーノを飲むときのウキウキ

このクリームをどうやって味わうか それが問題だ

このクリームをどうやって味わうか それが問題だ

ところで、こういう生クリームがドーンと乗ったタイプのフラペチーノをスタバで頼んだ場合、みなさんはどうやって味わいますか?

わたしはいつもコンディメントバーでスプーンと紙ナプキン(←触り心地が良くて好き)をもらって、生クリームや下のシャリシャリの部分なんかをちびちびいただきます。ストローでぐぐーっと飲んでしまうとなんだかもったいない気がして…。

ですが、今回は限定メニューということもあり、太いサイズのストローをバリスタのお姉さんが下さいましたので、それで一気に飲ませていただくことにしました。

orange03

ぶすっと極太ストロー 一本勝負

生クリームの上からぐっさりとストローを差し込み、いざ、いただきます!

と、勢いよく吸い込んではみたもののストローに何かが詰まって何も吸えません。何が邪魔してるんだろうと思いつつ、何度かストローを刺しなおし、やっと一口飲んでみると、思ったよりすっぱい!

スタバのこういうメニューって甘いイメージがあったのでちょっと意外でした。柑橘系の爽やかな酸味、まさに夏にぴったりの味です。

すっぱいままいただくのもいいのですが、そういえばこの酸味を和らげるための生クリームでは?と思い立ち、ストローでシャリシャリとクリームをぐるぐるとかき混ぜてもう一口。

まろやかになった!

オレンジの爽やかさはそのままに、とがった酸味が和らいで甘みも加わり、とてもバランスが良くなりました。これおいしい!

そのうち、太いストローからなにか固形物が口へ…。何だろうと思いつつ食べてみると、うーん、缶ミカン???

どうやらオレンジのシロップ漬けのようなものがざっくり大きめに裂かれて下に沈んでいるようです。最初にストローに詰まったのはこのオレンジだったようです。

そのうち、頼みやすいというだけの理由でこの飲み物を頼んだわたしは気づいたのでした。

あ、それで「Crushed Orange Frappuccino」!

とにもかくにも、おいしくいただきました、ごちそうさま。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!