菊水茶廊本店:神戸の老舗和菓子店でいただくかき氷でヒンヤリ大満足!

おいしいもの大好き! たまのみか です。

夏の暑い季節になると、どうしてもシーズン中に一度は食べに行きたくなるかき氷のおいしいお店があるんです。

わたしが住んでいる大阪からはちょっと遠いのですが、「あ~今年も行きたいな~行かなきゃな~。よし、行っちゃおう!」と思うお店です。

今回はそんなかき氷のおいしい「菊水茶廊本店」のご紹介です。神戸にある和菓子屋さんのお店ですよ。

神戸・湊川神社向かいにある「菊水茶廊本店」

「菊水茶廊本店」は神戸市中央区にある和菓子屋さんです。

場所はこちら。

JR神戸駅から歩いて数分。阪急・阪神の高速神戸駅からだと、一番東寄りの出口から地上へ出てすぐのところにあります。

お店に駐車場はありませんが、近くにいくつかコインパーキングもあります。お店の道路を挟んですぐ向かいにもコインパーキングがありましたよ。

神戸ハーバーランドからも徒歩圏内の便利な場所にあるお店です。

湊川神社前のお饅頭屋さんから始まった「菊水総本店」

「菊水茶廊本店」の目の前には立派な神社があります。地元の人が「楠公さん(なんこうさん)」と呼ぶ湊川神社です。

かなり立派な神社です

楠木正成をまつった神社で、明治の時代に創建されました。正面の門がすごく立派なんですよね。

実は、「菊水茶寮本店」は、もともと神社の門前のお饅頭屋さんとして始まった和菓子屋さん「菊水総本店」の中にあるカフェスペース。さながら、神社の門前のお茶屋さんという感じですね。

お店の入り口の前には「菊水饅頭」と書かれた重厚な看板

「菊水総本店」には饅頭以外にもいろいろお菓子が売られていますが、中でも人気なのは瓦せんべい。30cm四方くらいのほんとの瓦のような大きさのものは、ちょっと見ごたえありますよ。

そんな「菊水総本店」の中にある「菊水茶廊本店」は、和モダンな落ち着いた雰囲気のカフェ。

あんみつやぜんざいはもちろん、シフォンケーキやコーヒー・紅茶、雑炊などもいただける和菓子屋さんの喫茶店なのですが、「菊水茶廊本店」といえば、なんといっても夏の季節のかき氷なんです!

「菊水茶廊本店」のかき氷は和菓子屋さん特製の蜜がたっぷり!

「菊水茶廊本店」の夏の名物・かき氷。その特徴は、なんと言っても昔ながらのシャリフワな氷と、特製の蜜!

和菓子屋さんらしく抹茶氷で!(宇治抹茶ミルク 890円)

菊と水の流れがデザインされたかわいらしい紋入りの敷き紙とともに運ばれてくるかき氷。こんもりと盛られた氷と餡や白玉が絶妙のバランスです。

どこから食べたらいいんだろう! といろんな角度からたっぷりのかき氷を眺めながら、蜜が染み染みの氷をスプーンでフワッとすくって口に運ぶと、甘冷やフワシャリで、もうたまりません!

かき氷にははじめから蜜はたっぷりかかっていますが、あとで調整できるように、蜜と練乳が多めに添えられています。入ってるピッチャーがこれまたかわいい!

この蜜と練乳なんですが、和菓子屋さんならではの手作り品。とろ~としていてとっても味が濃いんです。それがちょっと多すぎるくらい添えられていて、とっても贅沢。

こちらは完熟マンゴーミルク(900円)…たまらん!

「菊水茶廊本店」のかき氷メニューは5種類。

メニューによって、白玉と餡が添えられているもの、アイスクリームやフルーツがトッピングされているものなどいろいろです。是非お店でメニューを見比べながら、ウキウキ悩んでくださいね。

今回頼んだ「完熟マンゴーミルク」には、マンゴーの果肉がたっぷりトッピングされていました。そこに、マンゴーの濃厚な蜜と練乳がかかっていて大満足!

ほらほら、見て見て…!

どのかき氷もけっこうなボリューム。食べ進むうちに、蜜が足りなくなってきて自分で足すわけですが、これがですね、けっこう難しいんです。

というのも、たとえば上の写真のマンゴーだと、それぞれ別のピッチャーに入ったマンゴーの蜜と練乳を自分でブレンドしながら氷にかけるんですが、どうしてもはじめの味にならないんです…!

マンゴーの味が勝ってミルキーさが足りなかったり、練乳を足し過ぎて今度はマンゴーの味が薄まっちゃったり…。

はじめにサーブされたときの絶妙の味加減。ただ氷にシロップをかけただけのようにも思えるかき氷ですが、やっぱりプロは違うなあ、なんて思ったりしながら氷を口に運びました。

外は暑かった!

ちょうどお店へお邪魔した日は気温が35度を超えるような猛暑日。

熱くほてっていた体も、かき氷を食べ終わるころにはすっかり落ち着いて、外を暑そうに歩く人たちを眺めながら、ちょっと優越感に浸ったり。とっても贅沢なひとときでした。

窓際のカウンターからは外の景色がよく見える 楠公さんを眺めながら至福のひととき

「菊水茶廊本店」の店舗情報

「菊水茶廊本店」の店内はちょっとモダンなカフェ風。

テーブル席(12席くらい)と窓際のカウンター席(6席くらい)がありますが、かき氷の時期はとても混雑しますので待ち時間覚悟で行きましょう。食べ終わった後もゆっくりされるお客さんが多いので、ゆったりした気持ちで…。

日によってはかき氷が売り切れる日もあるようですので、絶対食べたいかたは早めに行ったほうがいいかも。もちろん、かき氷以外にもおいしいものがありますよ^^

通常のメニュー(タップで拡大します)

かき氷のメニュー!(タップで拡大)

湊川神社向かいにある「菊水茶廊本店」。交差点の角のとってもわかりやすい場所にあるお店ですよ。

角にあるビルの一階

窓からは楠公さんがよく見えます

  • 住所:兵庫県神戸市中央区多聞通3-3-15
  • 営業時間:9:30~18:00(LO17:30)*物販店は9:00オープンです。
  • 休日:無休

 

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!