ホワイトデーの秘密:バレンタインデーの後片付けじゃないんだよ…!

みなさん、毎年バレンタインデーはどうされてますか?

2月14日が近づくと、デパートでは大々的に催事が行われたり、働いている女性なんかですと、職場の男性に今年も義理チョコを贈るのか贈らないのか、誰かが声をあげるまでやきもきしたりもするかもしれませんねw

ではホワイトデーはいかがですか?

なんだかいまいち盛り上がらないというか、どちらかというとバレンタインデーの後処理的な位置づけですよね。

今回は、そんなちょっと不憫なイベント、ホワイトデーについて書いてみます。

バレンタインデーとホワイトデーとの違い

結婚が許されていなかった兵隊さんと女の子のあいだを取り持って処刑された、ローマ時代の聖人ウァレンティヌスにちなんだお祭りの日であるバレンタインデー。(諸説あるみたいですけど)

日本のバレンタインデーといえば、「女性から男性へチョコを添えて愛の告白をする」という一大イベントですが、以前に比べると後半の「愛の告白」の意味付けが薄れてきていますよね。

バレンタインデーにおうどん屋さんでもらったチョコ

会社などで渡される義理チョコしかり、ここぞとばかりに女性が自分のために高級チョコを買いあさっちゃうとか。(だってバレンタインデーという意味付けがあると、ちょっとした贅沢もしやすくなるんですもんね!)最近では、男性がチョコ菓子を手作りして配る、なんて話も聞いたりします。

もはや「愛の告白」は関係なくチョコ祭りと化している気もしますが、とは言え、「感謝の気持ちとしてチョコを贈る(自分へも含めて)」というテーマは共有されていますよね。

では、 ホワイトデー はどうでしょうか。

ホワイトデーだからといって、デパートの催事が開かれることもなく、あんまりホワイトデーの話題をにぎやかにすると、お返しを催促しているみたいだし…。

ですが、ホワイトデーが近いある平日、デパートである行列を見かけたことがあります。

並んでいるのは主婦と思しき女性ばかり。お歳暮やお中元の時期でもないのに、なんだろうとその売り場をよく見てみるとハンカチ売り場…。

そうなのです! 会社で義理チョコをもらった旦那さんに持たせるお返しを、奥さんたちがまとめ買いしているのです。なんだか日本社会の闇を見たような気がしましたよ…w

ホワイトデーはちょうどバレンタインデーの一カ月後の3月14日。

なにかいただいたらお返しをしなくちゃ、という日本人の心理をついた絶妙のイベントです。言い換えると、品物は何でもいいからとりあえずキリの良い一カ月後に一斉にお返しをしようというまさに「お返しの日」。もはや何の祭り感もありません。

ホワイトデーの公式サイトがあった…!

そんなちょっと地味な記念日「ホワイトデー」ですが、バレンタインデーのように何か由来があったりするのでしょうか。

なにげなく検索してみたところ、驚くべきサイトを発見しました。

「ホワイトデー公式サイト」より

なんとホワイトデーには「ホワイトデー公式サイト」というものがありました。

公式サイトによると、70年代後半、バレンタインデーにチョコレートを贈るというイベントが日本で定着するにつれ、そのお返しとしてクッキーやマシュマロなどを贈りましょう、といろいろな団体がいろいろな日付を定めて、それぞれ個別に販促活動をしていたそうです。

そんな中、全飴協(全国飴菓子工業協同組合の略だそう)が「いやいや、飴を贈る日だよ!」と、1980年3月14日に「第一回ホワイトデー」を宣言したのが始まりなんだとか。

「ホワイトデー公式サイト」はそんな言い出しっぺ全飴協のサイトの中にあり、そこには至って明解なホワイトデーの意味が書いてあります。曰く、

”ホワイトデーはキャンデーを贈る日です。”

わかりやすい…。ホワイトデーを制定した協会が言うんだから間違いないんです。飴じゃないとだめなんですw

なんで「ホワイト」デーなの?

ホワイトデーの由来はわかりましたが、そこで素朴な疑問が生まれます。それは、なんで「ホワイト」なの? ということ。公式サイトにはそのあたりもこともちゃんと書かれています。

それまでは「フラワーデー」とか「クッキーデー」なんていう呼び名があったそうですが、「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな愛にぴったり」 (原文ママ)ということで「ホワイトデー」という名称が全飴協によってえらばれたんだそうです。

その後、結局他の名前は淘汰されて「ホワイトデー」だけが残ったということは、確かにさわやかな愛にぴったりだったんですね。

今回参考にさせていただいたこの「ホワイトデー公式サイト」、結構ボリュームがありまして、「ホワイトデー20年史」「ホワイトデー誕生秘話」など興味深い話が丁寧に書かれています。

全部読もうとするとなかなか根気がいりそうですが、 「バレンタインデーやホワイトデーはお菓子屋さんの陰謀だ!」 なんていわれることもあるイベントの背景が少しわかってとてもおもしろいですよ。

なんだかんだ言ってイベントにかこつけておいしいもの食べたいよね

となんだかんだ言ってますが、やはりイベントは楽しんだもの勝ち。

バレンタインデーほど派手さはありませんが、ホワイトデーだって、それにちなんだお菓子があちこちで用意されますよね。

今年のホワイトデーは、このブログでもご紹介している「お茶処吉田」さんでラブリーすぎるケーキをいただいてきました!

ホワイトデー満喫…。

お茶処 吉田:柴原駅前のおいしく食べてホッと満足できる小さなカフェ

2016.08.06

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!