吉野家の「麦とろ牛皿御膳」はやっぱり2016年も食べられます!

昨日の記事でご案内した吉野家の「麦とろ牛皿御膳」ですが、公式サイトでも「予告」という形でメニューが発表されていますね。

「夏の新定番」と謳われているので、好評でもしかすると来年以降も登場するのかな?

麦とろ牛皿御膳は2016年も食べられそう:吉野家 大阪空港前店

2016.05.30

新メニューは6月2日午前10時から!

公式サイトではプレスリリースのPDFファイルが見られます。

その案内によると、「麦とろ牛皿御膳」は2015年の7月からの約二か月間で累計500万食が販売されたヒット商品なんだそうです。

二か月で500万食ということは、一か月で250万食、一日だと約8万食。

吉野家にはもちろん牛丼など他にも主要なメニューがあるわけですから、そう思うとすごい数ですね。

今年、新しく配合される「ジオスゲニン」ってなんだ?

今年の「麦とろ牛皿御膳」の「とろろ」にはジオスゲニンという健康機能成分が配合されるそうです。

ジオスゲニンとは山芋に含まれる成分で、若返りのホルモンと呼ばれたりもするDHEAという男性ホルモンと似た構造をもっていて、最近ではその滋養強壮作用について研究されているそうです。

DHEAやジオスゲニンをサプリメントで摂取することはドーピングとしてみなされることもあるようですが、認知症にも効果があるとかないとか…。

ただ、山芋に含まれる量はごく微量なので、普通に食事でとる分には「ちょっと元気になったかもよ!」という感じなのかもしれませんね。

今回、吉野家の「麦とろ牛皿御膳」にはジオスゲニンを特に多く含む「懐山芋」から成分を抽出して 「とろろ」に配合したそうです。去年の「麦とろ牛皿御膳」と比べるとさらに元気出るのかなあ。

 夏バテしそうになったら「麦とろ」で!

「とろろ」以外にも、麦飯には水溶性食物繊維のβグルカンがたっぷり入ってますし、「オクラ」にも水溶性・不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。暑い夏の弱った胃腸にもなんだか良さそう。

胃にやさしいだけでなく、牛肉でたんぱく質も取れるし、なかなか良い夏のお献立ですよね。

お値段は「麦とろ牛皿御膳」の並盛が580円、大盛が680円。「麦とろ鰻皿御膳」は880円です。

吉野家の「麦とろ鰻皿御膳」2016年バージョンを食べてまいりました

2016.06.03

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!