またキッテルが来たよ!:ツール・ド・フランス2017 第6ステージ

今大会、これまで4回あったゴールスプリント。そのうちの2回をキッテルが勝っちゃいましたよ!

サガンもカベンディッシュもいないスプリント、キッテルが負ける気がしない…

暑くてなにもない夏の昼下がり

ツール・ド・フランス第6ステージもまたまた平坦コース。216kmのだらだらーっとした1日でした。

スタート後に3人の選手が集団から飛び出し、そのあとはまっっっっっったく動きなし。山岳ステージだと逃げ集団にステージ優勝の可能性もありますが、こういう単調なステージではそれはあり得ないので、まさにいけにえ…。

3人以外の選手たちはまったりと雑談なんかしながら走り続けます。

スタートからずっと中継を見ていたのですが、「そろそろ残り50kmくらいまで来たかなあ…」なんて思って残り距離を確認したらまだ180km残ってたときはちょっと衝撃的でした。

とにかくただ走ってるだけの1日でした…。

他のスプリンターとは差があり過ぎるキッテル

さて。お約束のゴール前スプリント。

ラスト700m辺りでキッテルのチームメイトが集団をすごい勢いで引いていたのですが、肝心のキッテルはそばにおらず…。よく見てみると10人以上後ろ、けっこう離れたところにいます。

さすがに今日は難しいかなあ…と思ってみていたのですが、結局最後はするするスピードを上げてトップでゴール。少し他のスプリンターとは力の差があるなあ、という感じですね。

普通、スプリントって、何人かのチームメイトが風よけとなりつつペースを上げ、そのすぐ後ろからスプリンターが最後にその勢いのままゴールする、というイメージ。

ですが、なぜかキッテルはひとり、この選手!と決めたスプリンターの後ろでじっと仕掛けるタイミングを待って、最後、自分の足でぐいぐいゴールを目指してしまうんですよね。

でもゴール後にはチームメイトへの感謝を忘れないキッテル。スプリンターと離れたところでチームメイトが動くのってどういう仕組みになってるのかしら。やっぱり意味があるのかなあ。

それにしても、このゴール前の3人のスプリンターのスピードの変化、おもしろいですね。↓

キッテルが力の入れどころを押さえてるのがよく分かりますね。

なにげなく見ていると、がむしゃらに自転車をこいでるだけに見えるけど、やはり一番効率的に動いているから勝つのかなあ。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!