吉野家の「麦とろ鰻皿御膳」2016年バージョンを食べてまいりました

ふとなにげなく入った吉野家でこの夏初めての「麦とろ牛皿御膳」を食べ、吉野家から今年も麦とろ御膳が正式に全国展開されると発表された数日後の仕事帰り。

頭の中の食べ物屋さんリストをくるくるめくるまでもなく「もうこの流れだと今夜の晩ご飯はここ!」と決めた吉野家 大阪空港前店」へ行ってきました。

「吉野家 大阪空港前店」ってこんなところ

「吉野家 大阪空港前店」は豊中市蛍池西町にある牛丼屋さんです。

場所はこちら。

カウンターだけでなく、二人掛けのテーブル席が6席程ある郊外型の店舗です。

ひとりで来店する男性客ももちろん多いですが家族連れも多く、また場所柄から空港で働く女性のグループや、近くのビジネスホテルに宿泊中のサラリーマンや外国人観光客も多いお店です。

海外から日本に来て吉野家へ入るのってどんな感じなんでしょうね。「これがあの吉野家か!」という感じなんでしょうか。それとも、日本人が普段食べなれたマクドナルドのお店に海外旅行でもついつい入っちゃうみたいな感覚でしょうか。

「麦とろ鰻皿御膳」を初めて食べてみました。

mugitorounasara

今回頼んだのは「麦とろ鰻皿御膳」880円。吉野家なのに結構な値段する!

鰻のかば焼きに、あとは「麦とろ牛皿御膳」と同じくオクラの刻んだの、麦飯、とろろ、お味噌汁がセットになっています。

「麦とろ牛皿御膳」は何度か食べたことがあるのですが、「麦とろ鰻皿御膳」は初めてのオーダーです。

というよりも吉野家で鰻を頼んだこと自体初めて!

牛丼屋さんで鰻???とちょっと敬遠していたところがあったのですが、ここはやはり「麦とろ」制覇しておかなければと頼んでみました。

さて、肝心の鰻のお味は…

吉野家で食べる鰻のお味は

unagi

結構おいしかった!

鰻独特の臭みも全然なく、ふわっとやわらかで口の中でとろけるような食感。またかば焼きのたれがちょい甘めでわたしの好きな味だった!

吉野家で鰻なんて、と思ったりもしていましたがなかなか侮れないものですね。

早速、麦ごはんにとろろをかけて、そこにオクラものせちゃって鰻もドンと。

zenbunose

淡白な麦とろごはんと甘辛い鰻のかば焼きはちょうどぴったりの取り合わせです。また夏の間に食べに行こうっと。鰻のつゆだくとかってできないのかしら。

吉野家の「麦とろ鰻皿御膳」2016年バージョンを食べてまいりました

2016.06.03

らーめん喜凛(きりん):豊中市柴原にある上品なラーメンの食べられるお店

2016.05.23

殺伐とした夜の闇に吉野家のオレンジの明かり

yoshinoya-side

それにしても吉野家というと、以前は女性などには少し入りにくいお店でしたが、最近はすっかり変わって明るいお店になりましたね。

昔、華原朋美ちゃんが吉野家の話題をよくしていましたが、あの頃は「女の人でも吉野家に入るんだ!」と思ったものです。朋ちゃんが言っていたつゆだくという未知の響きにぼんやりとあこがれてみたりもしました。

けど、個人的には吉野家のコピペが結構お気に入りなんですよね。吉野家の常連さんの男性一人客の心のつぶやきです。

特にこのあたり。

なんか親子連れとかもいるし。一家4人で吉野家か。おめでてーな。
よーしパパ特盛頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、150円やるからその席空けろと。
吉野家ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。

「どんだけ怖いところなんだ、吉野家は。」とわくわくしてましたw

そんなわたしも今では割と頻繁に吉野家へお邪魔していたりしています。やっぱり夜遅くても温かいご飯が食べられるお店があるとありがたいですね。

(あと、WAONのオートチャージができるお店なので便利なんですよね…。)

(ちなみに「大阪空港前店」の持ち帰りのレジでWAONで支払うと、履歴になぜか「中央環状線久宝寺店」と出るんですよね。今はもう修正されているのかな?)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!