肉うどんの丸十:想像をはるかに超えていた炭焼きチキンカレー丼【豊中市蛍池】

日本人が大好きなカレー

カレーライスに始まり、カレーうどん、カレー風味のチャーハンや焼きそば、揚げ物、スナック菓子、もちろんインドやタイなどアジア各地のカレーなど。改めて考えるとどれだけカレーが好きなんだという感じですが、最近ちょっと気になっているカレー料理があります。

それは「カレー丼」

丼というとご飯の上になにか具材がのったものですが、ごはんの上にカレーがのったら、それはもはやカレーライスなのでは…と思いませんか?

もちろん、平らなお皿にごはんとカレーを添えてあるカレーライスとは、丼の中のごはんにカレーをかぶせてある点でビジュアル的に違いはありますが、どうもそれ以外にもカレーライスとはまた別の世界があることをうっすらと感じ始めています。

今回はその新しい世界への扉を開くきっかけとなるのではないかと思っている「肉うどんの丸十」のカレー丼をご紹介します。(このまま扉を開かなかったらすみません。)

豊中市蛍池東町にある「肉うどんの丸十」

「肉うどんの丸十」は豊中市蛍池にあるうどん屋さんです。

場所はこちら。

阪急宝塚線蛍池駅の目の前にお店はあります。

蛍池駅は梅田から電車で15分弱。大阪の空の玄関口である大阪国際空港(伊丹空港)の最寄り駅として利用した方も多いかと思いますが、周囲はびっくりするぐらい何もない住宅街です。

モノレールができてからはまだましになりましたが、かつては西日本随一の国際航路が就航していた空港の最寄り駅とは思えないあの地味さ。ある意味貴重です。

「肉うどんの丸十」は蛍池駅のこじんまりとした駅前ロータリーのすぐ向かい側、国道176号線沿いにあります。車だと近くにコインパーキングがいくつかありますし、店の裏手にある駐車場は夜20時を過ぎると一時間100円で済みますよ。

うどんがおいしいお店のメニューにある謎の丼

「肉うどんの丸十」はうどんのおいしいお店です。肉うどんかすうどん肉吸いなど大阪ならではのメニューも多く、またおだしも甘めです。すっかり関西でも定着した「讃岐うどん」風なうどんもいいですが、おいしいおだしで食べるおうどんも良いですよね。

さて、そんな「肉うどんの丸十」でメニューをなにげなく見ていると気になるものが。

親子丼、他人丼・・・カレー丼・・・

親子丼、他人丼、牛すじ煮丼、そしてカレー丼…

カレー丼といえば、以前ご紹介したラーメン一宇の和風かれー丼を食べて以来、気にはなっていたのですが、今回はまさにうどん屋さんのカレー丼

和風かれー丼のようなおうどん屋さんのおいしい和風ダシにカレー粉を溶き入れて片栗粉で粘度を高めたものをご飯にかけているんだろう、ふむふむ、うどん屋さんだけに今回は想像の範囲内やね、などと思いつつ、やはり一度は食べておこうか、などと上から目線でオーダーしてみました。

そして、しばらくして運ばれてきたカレー丼に衝撃を受けるのでした。

丼に入ってはいるけど・・・これ丼、なのか?

うどんじゃないよ、丼だよ・・・

うどんじゃないよ、丼だよ・・・

目の前に運ばれてきたカレー丼、正式には「炭焼きチキンカレー丼」(750円)は丼物の概念を根底から覆すビジュアル…。

そうなのです。表面が液体でおおわれているのです。

お米の存在は確認できず

お米の存在は確認できず

炭焼きチキンや刻みネギ、フライドオニオンなどの具材はあれど、カレーの粘性はかなり低くしゃばしゃばです。

っていうか、「ご飯どこ行った!」と言いたくなります。

ちなみに、「炭焼きチキンカレーうどん」も頼んでみました。こんな感じ。

curryudon01

「炭焼きチキンカレーうどん」と「炭焼き鶏の親子丼(ミニ)」 どういうつもりでこのセットを頼んだんでしょうね

うどんが見えてるー!

っていうかカレーのしゃばしゃば加減が丼と同じです!!

カレーうどんとしてはカレーがゆるめですが、見た目は普通です。ほんとは炭焼きチキンがドンとのっているのが普通ではありませんが、丼と比べるとそれぐらいのことは些細なことです。

スプーンでいただく「炭焼きチキンカレー丼」

「炭焼きチキンカレー丼」にはお箸と木のスプーンが添えられてきます。確かにこのしゃばしゃば加減では、普通の丼のようにお箸でいただくことはできません。

では、早速スプーンで丼をいただきます。

ちゃんとご飯、入ってた

ちゃんとご飯、入ってた

カレールーというよりかはカレースープといったほうがいいかもしれませんが、そのスープの中には少し硬めに炊かれたごはんが入っていました。

口に入れた感覚は、お茶づけや冷汁の雰囲気です。小さいころ、ごはんにお味噌汁をかけて、ちょっとお行儀悪く食べたときのことを思い出したりして、ちょっと楽しい食感です。

カレーのスープは慣れ親しんだカレー粉の味とは一味違い、スパイスの利いた和とは異なるエスニックよりの味付けです。口に含んだ時にスキっとした風味を感じるのはクミンかなにかでしょうか。おうどん屋さんのカレーを想像していただくとちょっといい意味で裏切られます。

また炭焼きチキンがとっても香ばしく、またフライドオニオンのコクと相まってとってもおいしいカレー丼です。

「カレー丼」という未知のジャンル

お蕎麦屋さんやおうどん屋さんのメニューとしてその存在自体は知っていた「カレー丼」。

今まであまり気にしていませんでしたが、もしかすると奥深い世界が待っているのかもしれない…。

できれば、お蕎麦屋さんやおうどん屋さんでは、お蕎麦やおうどんを頼みたいところですが、これからはカレー丼があればちょっと試してみようかと思います。カレーうどんのようにハネを気にせず食べられるので昼ごはんでも頼みやすいですしね。

関連ランキング:うどん | 蛍池駅大阪空港駅柴原駅

【閉店】らーめん一宇 石橋阪大坂下:新店の謎メニュー「和風かれー丼セット」

2016.07.11

肉うどんの丸十【豊中市蛍池】:おいしいうどんとお酒が楽しめる隠れた人気店

2016.09.09

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。
記事数70ほどですが、月間2万PVをいただいています。(2017年3月)

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!