焼肉特急池田駅:特急に乗ってくる肉を通勤電車内で食べろ!【国鉄】

池田市内の国道176号線に、また変わったお店ができましたね~!

その名も「焼肉特急 池田駅」。

…特急ってなに???

というわけで、さっそく行ってまいりました!

大阪府池田市にある「焼肉特急 池田駅」

「焼肉特急 池田駅」は大阪府池田市にある焼肉店です。

場所はこちら。

国道176号線沿い、阪急石橋駅と池田駅とのちょうど中間くらいです。ちょっと石橋よりかな?

斜め向かいは「モルトヴォーノ」という生パスタ屋さん、並びには「そば太鼓亭」や「ふぐ好」があります。

かなりインパクトのある店名と店構え

「焼肉特急 池田駅」

この店名、なんかすごいですよね…!

焼肉屋さんなのは想像つきますが、「特急」が意味不明すぎます。それも、池田店ではなく「池田駅」って…!

お店の工事中から看板が先に見えていましたので、もう、きっと前の道を通る人みんな、「特急ってなんやねん!」ってつっこみまくってたと思います。

ですが、工事のシートが外された途端、もっとすごいものが我々の目の前に現れました。

キハ?

まさかの国鉄!!!

ある意味、SNS映えを考え尽くされた店構えです。ただしインスタ映えではなく、明らかにツイッター映えを狙ってますね。

「焼肉特急」は電車がコンセプトの焼肉屋さん

この「焼肉特急」お店の外観だけでなく、店内も電車っぽくなってまして、まず入り口を入るとこんな感じ。

どうやら北国を走る特急のようだ

お店に入ってすぐのカウンターがまさに特急な感じ。

そしてふと見上げると…

朝早い!!

ランプシェードが謎の電光掲示板風になっていたり。

でも発車時刻なのかよくわかりませんが、書かれている時間がすごい朝早かったりするんです。この時間、なんか意味あるのかな…。

「お客さま、ご乗車です。焼肉特急へ~ようこそ~!(ようこそ~!)」

と、いう声掛けを受けつつ席に案内されると、こんなものを渡されます。

かなりデカイ!

そうです。乗車券です。

実は、「焼肉特急」は、回転寿司屋さんでよく見かけるレーンで焼肉が運ばれてくるお店で、席についた後はタブレットで注文し、勝手に食べて、席ごとに清算する仕組み。

食事の後は、この乗車券をレジに持っていくと、バーコードを読み取って清算ができるようになっているようです。

今回わたしは「池田電鉄の1号車13番」の席でしたが、池田電鉄には3号車まであります。

乗車券の裏面には座席表が…。なんかそそる。

ひとつの座席には6人座れるものと8人座れるものがあるみたいです。

また、通路にはこんな表示が。

なんか、この表示、駅で見たことある気がする…!

新幹線に乗る時に、こんな表示見ながらどの階段でホームへ上がるか悩むよね

そして、特急なんだけど、車内にはつり革や、吊り広告(ぽいもの)があります。

中は通勤電車っぽい

それぞれの座席の横にはレールがあって、そこを肉やあれこれを積んだ特急が走ります。

そっか、肉が乗るのは特急だけど、人が乗るのは普通車なんだ。だからつり革があるのね…。

ちなみに、特急はまさかのモノレールでした。斬新!

タブレットで注文して、食べて、タブレットで注文して…でも特急!

さて、「焼肉特急」、基本は回転ずし屋さんのイメージで食べ進めていきます。

まず、座席に設置されているタブレットで注文。

便利な世の中になったもんだ

しばらくすると、「まもなく特急列車が到着します。」というアナウンスが流れて、座席のボタンが点滅します。

カラータイマーが点滅!

ドキドキしながら待っていると…。

いきなりビールですみません。

めちゃめちゃ大きな下駄みたいな形の特急列車が到着します。かわいい列車が来るのかと思っていたのでちょっと衝撃です。

動画だとこんな感じ。

「特急」というだけあって、けっこうなスピードで来ますよ。

なみなみビールもこぼれず来るところがすごい

この列車、ものすごく荷台(?)が広くて、上には定食がのせられたお盆のようなものも置くことができるようになっています。ですので、大きなお皿も取りやすいようにレーン自体も低い位置にあります。

そのため、回転寿司屋さんとちょっと雰囲気が違ってお隣が丸見えだったりもするのですが、レーン自体がかなり幅広なので、ほとんど気にならないかな。

牛さんたち自ら…(涙)

この特急、耳を澄ますとちゃんと「コトンコトン…コトンコトン…」というレールの継ぎ目を列車が走る音が再現されていて細かいところまでこだわってるなあ、とびっくりしちゃいますよ。

食べ物が特急列車で運ばれてくるところ以外は、基本的には回転寿司屋さんと同様のシステムです。

タレ、おいしかった

それぞれの座席には、タレなどがセットされていて、また取り皿やおてふき等もテーブルの側面にあるので便利。

網は、タブレットで頼めば店員さんが替えにきてくれますよ

また、セルフサービスのコーナーが各車両ごとに用意してあって、お水やお茶、あと子ども用の食器、ハサミなどがあります。塩、コショウ、一味唐辛子もありましたよ。

粉末のほうじ茶って初めて飲んだかも

個人的にうれしかったのは、お茶が煎茶ではなくほうじ茶だったところかな。焼肉には茶色いお茶のほうが合いますよね。

最近の設備は便利ね

コンロはテーブルについたボタンを押すだけで操作ができるので便利。昔みたいに、テーブルの横をのぞき込んだりする必要もないのね。

柔らかくておいしいお肉がリーズナブルにいただける!

さて、本題のお肉!

「焼肉特急」には単品で頼めるお肉から、セットもの、あとお昼どきにはお得なランチメニューもあります。

ランチは一番リーズナブルなサービスランチ780円(チシャナなし)のものから、黒毛和牛の1,280円のものまであるのですが、名前が楽しそうだったので「ハラミトリオランチ」をオーダー。

ビールは別料金

もやしのナムルとスープ、チシャナがついて1,180円。安いよね!

肉だよ!

メニューによっては、お肉を増量したり、あと、50円プラスでご飯も大盛にできます。ご飯の量は注文するときに選べるんですけど、わたしは小にしたのですがけっこう多かった!

焼き加減って難しいね!

ではさっそく…。

肉だわあ(*´▽`*)

ちょっぴりコチジャンとニンニクをトッピングしてまずはお肉だけをダイレクトに…。

お肉をそのまま頂いた後には、チシャナと…。

チシャナは3枚ついてました

ここに、お肉とナムルを…。

きゃ~!

昼間からこんな贅沢しちゃっていいのかしら。

あっさりスープでさっぱり

ランチについているスープはワカメの入ったもの。あっさりしておいしかったですよ。

他にもソーセージやホルモンもついた1,480円の贅沢ランチもありましたが、大体1,000円台前半で焼肉ランチがいただけるのでとってもリーズナブル。

ランチメニュー以外の普通のメニューだと、お肉5切れくらいずつ入った単品がすべて390円、他に何人かで楽しめるお肉のセットメニューが1,000円台とどれもお得。

リニアモーターカーセット1,990円 列車の速さは変わらないよ…!

3、4人分の肉やソーセージ、バターコーンがセットになったリニアモーターカーセットは1,990円。このセットには白ごはんもひとつ100円で4個までプラスできるんですよ。

回転寿司風のお店だったり、価格がお得すぎたりなので、「お肉もそれなりなのかな…」と思いがちですが、全然そんなことないんですよ! 特急で運ばれてくるのは、味の濃いしっかりおいしくて柔らかいお肉ばかり。

実は、この「焼肉特急」というお店、「カルビの王様」などを展開している焼肉の「松屋」という会社が運営しているお店。

阪急などで精肉店も営業していることもあり、いいお肉が市価の2分の1から3分の1の価格でいただけるのだそうです。安いからって、いまいちなお肉ではないんですね。

きれいなお肉ばっかり

ごはん、これで「中」

焼き野菜は390円

特急サラダ390円

チゲスープ290円

韓国冷麺390円

アルコールも全部290円だったり、安すぎです。安かったので、ついついデザートも頼んでしまいました…。

特急イチゴパフェ 290円!

味は、普通かな…でも回転寿司でよく出てくるのよりかはおいしかった気がしますよ。

盛り付けが丁寧だった

*価格は消費税別になってます。

「焼肉特急 池田駅」の店舗情報

とってもお得においしいお肉が食べられる「焼肉特急 池田駅」、見た目のインパクトにびっくりしますが、ちゃんと普通の焼肉屋さんでした。

階段を上ったところに妙なシャンデリアはありますけど…

まさかのトング!

ファミレス感覚でおいしいお肉がお得に食べられるお店、それも、乗り物好きにはなんだかたまらんお店でした!

お近くの方で焼肉食べたい!って方、是非どうぞ、オススメですよ^^

食べログへ→食べログ「焼肉特急 池田駅」

焼肉特急 池田駅

  • 所在地:大阪府池田市鉢塚3-13-32
  • 営業時間:平日11:30~15:00(LO14:30)・17:00~23:20(23:00)/土日祝は昼休憩なしで通し営業
  • 定休日:なし

ABOUTこの記事をかいた人

大阪北部に生まれ育ったのんびり屋です。
わたしが実際に、

*訪れてみた場所・お店
*食べたり、使ってみたもの
*ぼんやりと思った気持ち

などなどを好き勝手につづっています。

さらに詳しいプロフィール
2017年2月20日、有名ブロガーさんが発行する合同メルマガ『EdgeRank』へ寄稿させていただきました!
また、ライターとして月刊誌『CHINTAI 近畿版』にて、地域情報を紹介させていただいています!